橿原市スポーツ施設計画(案)に対するご意見をお寄せください!


橿原市では、市内のスポーツ施設の今後の方向性を示した「橿原市スポーツ施設計画(案)」を作成しました。
施設の利用状況、安全性、機能性、経済性、耐震性などをもとに、施設を評価し、今後の方向性を立てたものです。

それに対して皆さんからのご意見(パブリックコメント)を募集しています!
期間は、1月5日(水)〜1月31日(月)までです。

ご覧いただける資料については、ネットで公開されています。
パソコンをお持ちの方はネットで閲覧し、メールでご意見を送っていただくのが、簡単でお勧めです。
それ以外の方法では、市内の施設に資料の閲覧場所を設置していますが、計画は60ページほどありますので、ゆっくり見ていただくにはミグランスの一階ロビーが一番便利です。
ご意見は郵送や、FAXでも受け付けています。
詳しくは橿原市のHPをご覧ください。
https://www.city.kashihara.nara.jp/article?id=61bc3e6165909e0b6602f1c2

計画案の一部をご紹介します。例えば、

橿原運動公園の総合プールは
安全性・機能性の面ではげしく劣化していて、修繕費も多大。利用料収入も減少傾向。
令和元年には、管理運営費が約1億円に対し、利用収入は約6000万円でした。
そのため「廃止が妥当」とされています。

今までたくさんの方に親しまれてきた総合プールですが、こどもの減少もさることながら、イメージとは異なり猛暑日は利用が減少する傾向も見られており、夏場の過ごし方も変化してきています。また、市民アンケートの結果から、年中利用できる「屋内プール」のニーズがあると考えられる、とのこと。
跡地利用については「新たな魅力創造拠点の創出について検討する」とあります。
計画通りなら、2022年度にプールは廃止となります。

また、中央体育館については 老朽化していますが、利用者の減少は少ないそうです。こちらは重要性を考慮して「建て替え再整備」の方針です。
計画通りなら、2026年度撤去、2027年度新設、となります。

写真 橿原市施設分類別基本的方針 より 中央体育館の他、これら3つの施設と、橿原運動公園、万葉の丘スポーツ広場、曽我川緑地、東竹田近隣公園、新沢千塚公園拠点施設(シルクの杜)が、計画の対象です。


中央体育館はもともと中央公民館との複合施設ですが、公民館機能は新しい中央公民館に移転済み(旧水道局を改修して利用)で、現在建物は残るものの、立ち入りはできません。また、エレベーターについても、部品が製造中止のために休止中となっています。車椅子の方が利用する際にはスタッフが介添させてもらっているとのことです。
建物全体に壁のひび割れや雨漏りがみられます。
私もこどもが小さい頃から利用していますが、オムツ替えできるスペースがなかったり洋式トイレが少ないなど不便な面もあり、新しい施設に期待しています。

この計画案では、橿原市の人口や財政状況などの情報もご覧いただくことができます。
普段スポーツ施設を使っている方は、利用者目線で意見していただけますし、利用されていない方でも「財政運営」の側面から評価していただいてもよいと思います。

ちなみに、2016年に行われた「橿原市スポーツ推進計画案」には、意見が1件も集まりませんでした…これではみなさんの意見が「ない」ということになりかねません。
資料に目を通していただくのは大変かもしれませんが、ぜひ子育て世代の方にも、未来のこどもたちのためにお声を寄せていただきたいと思います。

ぜひたくさんの皆さんからのお声をお待ちしております!!