6月からの新型コロナ対策情報


5月31日まで行われている、奈良県の緊急対処措置をうけた橿原市の新型コロナ対策。
6月以降の方針が決まりました。

市長のメッセージより


 

奈良県は28日に、6月20日までの緊急対処措置延長を決めました。
橿原市は市の判断として、時短要請の解除や一部をのぞいて公共施設の開館などを決めましたが、依然として周辺の府県では緊急事態宣言が延長されています。

橿原市としても、時短要請解除後も引き続きの感染予防策をとっていただくようお願いしています。
リバウンドすることのないよう、個人でできる予防は続けたいと思います。

公共施設の6月以降の開館状況はこちらです。
昆虫館や観光施設など、県外などからの来訪者が多いと想定される施設は、ひきつづき休館となるようです。

図書館・科学館は6月から開館しますが、開館時間が変更になった4月の段階からさらに変更となり、火〜土曜日午前中のみ開館となります。午後は閉館となりますので、お気をつけください。

さらに、市の総合プールについては、今年も新型コロナ感染拡大防止のため、運用しないことと決まりました。


さて、市長のメッセージにもありましたが、ワクチン接種事業にも動きがありました。

新たに、中央体育館を接種会場として増設すること、市内の医療機関でも個別接種を開始することなどで、7月末までに65歳以上の高齢者の接種終了を目指すとしています。

また、5月17日以降に接種券が届いた65歳以上の方の予約では、すでに8月9月にしか予約できなかった、という方がいらっしゃいました。
そういった方々も、7月に予約が変更できるよう、現在市として調整されているようです。
いましばらく市からの発表、連絡をお待ちいただけたらと思います。
ワクチン接種については、流動的な部分や発表から実施までの時間が短いため、新しい発表があった際は私のTwitterの方で早めの情報発信するようにしております。

65歳未満の方への接種について、現段階(5月30日)で具体的なことはまだ発表されていません。
市が発表する最新の状況は、市のホームページでもご確認ください。

また今後接種が進むと、副反応について心配な方もいらっしゃるかと思います。
市のHPで紹介されている窓口をこちらでも載せておきます。

接種後の副反応に係る医学的知見が必要となる専門的な相談について
奈良県新型コロナワクチン副反応コールセンター
電話番号:0120-919-003
受付時間:9時30分から19時(平日・土日祝)
  ※ 令和3年4月12日から24時間対応(土日・祝も実施)とされています。


さて、話はコロナから変わりますが・・・

今年は例年より25日早く梅雨入りするなど、すでに雨の日が多くなっていますね。
今年からハザードマップが新しくなり、近日中に橿原市内全戸へ配布されます。
届きましたら、ご自身の住んでいる地域の浸水予想、市内の危険箇所、避難場所などを一度ご覧になってください。
また保存版となっていますので、万が一の場合にも確認できるよう、捨てずに保管していただきますようお願いします!
台風だけでなく、梅雨の大雨でも水害が起こることがあります。
コロナだけでなく、今一度災害についても日頃の備えを見直しておきたいですね。