みんなの図書館の話 その1



図書館にはこどもと一緒によくいきます。

スタッフの方も親切で、様々な本や雑誌をゆっくり読めるのはとても贅沢な時間です。

その図書館、私はさらにもっともっと充実させたいと考えています。


具体的には何を・・・?

何回かに分けてお話ししたいのですが、今回は貸出し冊数について考えてみたいと思います。

通常、橿原市立図書館は、一度に5冊の本を借りることができます。
しかし、周辺の自治体と比べても、一度に5冊というのは実は少ないのです。

奈良市   15冊

生駒市   12冊

王寺町   10冊(児童書は冊数制限なし)


香芝市   10冊

桜井市   10冊

田原本町  10冊

天理市   10冊

大和高田市 10冊

大和郡山市  8冊

葛城市    5冊

五條市    5冊

御所市    5冊

橿原市    5冊

橿原市と同じく5冊という自治体の図書館もありますが、橿原市は人口でいえば奈良県第二の都市です。

県の南部の入り口としての機能もあり、南部から進学の為に橿原に出てきている学生もいます。

たくさん本が借りられる、しっかりとした文化施設があってもおかしくありません。

実際、橿原市に住んでいても

「田原本の図書館まで本を借りに行く」

という声もお聞きしています。

「引っ越し前の自治体ではもっと借りられたので、橿原市に来てびっくりした」

というお声も・・・。

たくさん本が借りられる図書館、借りたくなる図書館にしていきたい。

他にも図書館には様々な可能性が満ちていると思います。

図書館の話、しばらく続きます。

お知らせ!!!
〜橿原市立図書館 秋の特別貸出期間始まります!!〜〜

秋の特別貸出期間:令和2年10月16日(金)~11月15日(日)
◇貸出の冊点数:図書・雑誌は1人10冊以内(通常5冊)、
           視聴覚資料は1人4点以内(通常2点)
◇貸出する期間:2週間(通常どおり)